腰痛・ぎっくり腰にはトレーニングが効く!?


その場しのぎではなく、腰痛の原因を改善する

何をするにも腰の痛みが伴う、ぎっくり腰がクセになっている、などの理由からやりたいことが思い切って出来ない方も多いかと思います。
ATサロンでは症状の改善はもちろん、痛みをコントロールして再発を防ぐためのお手伝いをします。

こんなお悩みの方は多いのではないでしょうか?

■長い間腰の痛みと付き合いながら生活している。
■ふとした時に腰に鋭い痛みが走る。
■毎年のように腰が痛くなる。
■運動はしたいけど腰が痛くて出来ない。
■腰が痛くてスポーツでのパフォーマンスを十分に発揮できない。
■もう2度と腰痛を再発させたくない。

ATサロンはこんなお悩みの方の力になりたいと考えます。
整体としてのケアとトレーニングによってカラダの機能を改善することで、痛みを減らし・繰り返さないカラダ作りをお手伝いします。

腰痛の種類

腰痛の種類

一言で腰痛と言っても

「筋・筋膜性腰痛,腰椎椎間板ヘルニア,椎間関節症,仙腸関節痛,坐骨神経痛,腰椎分離・すべり症,脊柱管狭窄症…」

などなど、よく起きるとされているものだけで、これだけの種類が挙げらます。

どこが痛んでいるかによって、病名を分類するとこんな感じになります。

でも、実は腰痛のほとんどは筋・筋膜性腰痛に該当されると言われています。

その割合はなんと85%!

筋・筋膜性腰痛は「非特異的な腰痛」とも呼ばれ、ヘルニア(椎間板がとび出ている状況)や、骨・関節の炎症などがMRIを撮っても
はっきりと確認出来なかったものがそれにあたります。

その為、病院では原因を明確に特定出来ないことが多く、薬などの対症療法的な対応をされるだけという状況になる場合が多いです。

薬での対応ではその場の痛みが落ち着くだけ。

再びカラダに負荷が加われば、痛みが繰り返されることになってしまいます。

ぎっくり腰は急に起きた腰痛の総称
何かのきっかけがあって急に発生する腰痛の総称が「ぎっくり腰」と呼ばれます。

つまり、病態の分類としては、先ほど挙げた腰痛のものと同じです。

例えば、急な痛みで脚に痺れなどの症状が出た場合に、MRIなどで椎間板のとび出しが確認されると、それは椎間板ヘルニアと診断がされます。

画像上の異常がないから軽症という認識は間違っています

息子の腰痛が酷くて、病院に行ったけど(画像上)異常なしとの診断を受けた。息子がチームの監督にそれを伝えたら「異常が無いのに
痛いというような根性なしは使えない」と言われた。
最近、中学校野球選手のお子さんを持つお母さんからこんな相談をされました。

この認識だと、腰が痛い人の85%は根性なしです。
(そんなわけ無い!)

画像上の異常が確認出来ないことは、症状の強さとは関係がありませんし、筋・筋膜性腰痛(非特異的腰痛)は様々な要因が複合的に
絡み合っている場合が多く、根本的な治療は難しいと言えます。

逆説的には、ヘルニアや分離症などの問題が確認出来る腰痛は、症状と画像所見が一致した場合に診断されるものであり、画像上で
ヘルニアがあっても無症状な方はたくさんいます。

先ほどの監督の認識は無知から来る誤りです。

特に多くの方を指導する立場にある人には正しい知識を持って欲しいと願います。

そして、先ほどの中学生野球選手のようにスポーツの怪我で困っている方の力になりたいという想いから、ATサロンは出来ました。

腰痛はマッサージだけでは治りません
腰痛への対応としてマッサージを受けることは一般的な手段の一つかと思います。

「マッサージにいくと、その日は良いのだけど…」

こんな経験は多くの方がしているのではないでしょうか?

マッサージなどの受け身のケアだけでは、カラダはすぐに元の状態に戻ってしまうことが科学的にも明らかになっています。

また、人間の身体は硬くなる筋肉があると、その反対側に位置する筋肉は緩んでしまい、上手に働くことが出来なくなります。

(これを私たち専門家は「機能低下」と表現します。)

確かに硬くなった筋肉にはマッサージが効果的な側面もあります。

でも、その効果は一時的。

効果を持続させるためにはご自身でセルフマッサージやストレッチを正しく行うことが重要です。

反対に、緩んで機能が低下した筋肉は、軽い負荷からトレーニングを行い、正しく動かしてあげることが必要となります。

こういった理由から「腰痛はマッサージだけでは治りません」。

①専門家によるケアと②正しいトレーニング、そして③ご自身でのケアの継続。

この3つが合わさることで腰痛は改善に向かいます。

そして、この方法を知ることが出来れば、調子が悪くなった時にも、酷くなる前に、ご自身で対応することが出来るようなります。

ぎっくり腰にもトレーニングが効く!?
ぎっくり腰の改善に対してもトレーニングはとても有効です。

というより、トレーニング無しにぎっくり腰の再発予防は出来ないと考えます。

ぎっくり腰は多くの場合、「椎間板」と呼ばれる背骨の間にあるクッションが潰れて(変性して)しまって不安定になることで
ふとしたきっかけで腰に過剰な負荷がかかって発生する場合が多いです。

椎間板を元の状態に戻すことは出来ません。

そのため、再発を防ぐためには、多裂筋や腹横筋などの腰のインナーマッスルの機能を向上させて、動きの中でもしっかりと働くようにすること
で腰を安定させてあげることが必要となります。

もちろん症状に合わせて、段階的にトレーニングをご提供いたします。

繰り返す腰痛でお困りの方は恵比寿 駅すぐのスポーツ整体 ATサロンへご相談ください
恵比寿 駅徒歩2分のスポーツ整体 ATサロンではプロのトレーナーが、整体と運動療法で腰痛の症状を改善して再発を防ぐカラダ作りをご提供します。

その時だけ楽になるマッサージではなく、ずっと使えるコンディショニングのノウハウを身につけて、腰痛を再発させないカラダを作りましょう。

「スポーツの怪我で困る方を減らしたい。」

繰り返される腰痛、しぶとい腰の痛みにお悩みの方はぜひご連絡ください。

ATサロン恵比寿
中原啓吾

そのほかの症状でお悩みの方はこちら

スポーツによる怪我に

ここからスマホ

腰痛やぎっくり腰にトレーニングが効く!?


その場しのぎではなく、腰痛の原因を改善する

何をするにも腰の痛みが伴う、ぎっくり腰がクセになっている、などの理由からやりたいことが思い切って出来ない方も多いかと思います。
ATサロンでは症状の改善はもちろん、痛みをコントロールして再発を防ぐためのお手伝いをします。

こんなお悩みの方は多いのではないでしょうか?

■長い間腰の痛みと付き合いながら生活している。
■ふとした時に腰に鋭い痛みが走る。
■毎年のように腰が痛くなる。
■運動はしたいけど腰が痛くて出来ない。
■腰が痛くてスポーツでのパフォーマンスを十分に発揮できない。
■もう2度と腰痛を再発させたくない。

ATサロンはこんなお悩みの方の力になりたいと考えます。
整体としてのケアとトレーニングによってカラダの機能を改善することで、痛みを減らし・繰り返さないカラダ作りをお手伝いします。

腰痛の種類

腰痛の種類

一言で腰痛と言っても

「筋・筋膜性腰痛,腰椎椎間板ヘルニア,椎間関節症,仙腸関節痛,坐骨神経痛,腰椎分離・すべり症,脊柱管狭窄症…」

などなど、よく起きるとされているものだけで、これだけの種類が挙げらます。

どこが痛んでいるかによって、病名を分類するとこんな感じになります。

でも、実は腰痛のほとんどは筋・筋膜性腰痛に該当されると言われています。

その割合はなんと85%!

筋・筋膜性腰痛は「非特異的な腰痛」とも呼ばれ、ヘルニア(椎間板がとび出ている状況)や、骨・関節の炎症などがMRIを撮っても
はっきりと確認出来なかったものがそれにあたります。

その為、病院では原因を明確に特定出来ないことが多く、薬などの対症療法的な対応をされるだけという状況になる場合が多いです。

薬での対応ではその場の痛みが落ち着くだけ。

再びカラダに負荷が加われば、痛みが繰り返されることになってしまいます。

ぎっくり腰は急に起きた腰痛の総称
何かのきっかけがあって急に発生する腰痛の総称が「ぎっくり腰」と呼ばれます。

つまり、病態の分類としては、先ほど挙げた腰痛のものと同じです。

例えば、急な痛みで脚に痺れなどの症状が出た場合に、MRIなどで椎間板のとび出しが確認されると、それは椎間板ヘルニアと診断がされます。

画像上の異常がないから軽症という認識は間違っています
息子の腰痛が酷くて、病院に行ったけど(画像上)異常なしとの診断を受けた。息子がチームの監督にそれを伝えたら「異常が無いのに
痛いというような根性なしは使えない」と言われた。
最近、中学校野球選手のお子さんを持つお母さんからこんな相談をされました。

この認識だと、腰が痛い人の85%は根性なしです。
(そんなわけ無い!)

画像上の異常が確認出来ないことは、症状の強さとは関係がありませんし、筋・筋膜性腰痛(非特異的腰痛)は様々な要因が複合的に
絡み合っている場合が多く、根本的な治療は難しいと言えます。

逆説的には、ヘルニアや分離症などの問題が確認出来る腰痛は、症状と画像所見が一致した場合に診断されるものであり、画像上で
ヘルニアがあっても無症状な方はたくさんいます。

先ほどの監督の認識は無知から来る誤りです。

特に多くの方を指導する立場にある人には正しい知識を持って欲しいと願います。

そして、先ほどの中学生野球選手のようにスポーツの怪我で困っている方の力になりたいという想いから、ATサロンは出来ました。

腰痛はマッサージだけでは治りません
腰痛への対応としてマッサージを受けることは一般的な手段の一つかと思います。

「マッサージにいくと、その日は良いのだけど…」

こんな経験は多くの方がしているのではないでしょうか?

マッサージなどの受け身のケアだけでは、カラダはすぐに元の状態に戻ってしまうことが科学的にも明らかになっています。

また、人間の身体は硬くなる筋肉があると、その反対側に位置する筋肉は緩んでしまい、上手に働くことが出来なくなります。

(これを私たち専門家は「機能低下」と表現します。)

確かに硬くなった筋肉にはマッサージが効果的な側面もあります。

でも、その効果は一時的。

効果を持続させるためにはご自身でセルフマッサージやストレッチを正しく行うことが重要です。

反対に、緩んで機能が低下した筋肉は、軽い負荷からトレーニングを行い、正しく動かしてあげることが必要となります。

こういった理由から「腰痛はマッサージだけでは治りません」。

①専門家によるケアと②正しいトレーニング、そして③ご自身でのケアの継続。

この3つが合わさることで腰痛は改善に向かいます。

そして、この方法を知ることが出来れば、調子が悪くなった時にも、酷くなる前に、ご自身で対応することが出来るようなります。

ぎっくり腰にもトレーニングが効く!?
ぎっくり腰の改善に対してもトレーニングはとても有効です。

というより、トレーニング無しにぎっくり腰の再発予防は出来ないと考えます。

ぎっくり腰は多くの場合、「椎間板」と呼ばれる背骨の間にあるクッションが潰れて(変性して)しまって不安定になることで
ふとしたきっかけで腰に過剰な負荷がかかって発生する場合が多いです。

椎間板を元の状態に戻すことは出来ません。

そのため、再発を防ぐためには、多裂筋や腹横筋などの腰のインナーマッスルの機能を向上させて、動きの中でもしっかりと働くようにすること
で腰を安定させてあげることが必要となります。

もちろん症状に合わせて、段階的にトレーニングをご提供いたします。

繰り返す腰痛でお困りの方は恵比寿 駅すぐのスポーツ整体 ATサロンへご相談ください
恵比寿 駅徒歩2分のスポーツ整体 ATサロンではプロのトレーナーが、整体と運動療法で腰痛の症状を改善して再発を防ぐカラダ作りをご提供します。

その時だけ楽になるマッサージではなく、ずっと使えるコンディショニングのノウハウを身につけて、腰痛を再発させないカラダを作りましょう。

「スポーツの怪我で困る方を減らしたい。」

繰り返される腰痛、しぶとい腰の痛みにお悩みの方はぜひご連絡ください。

ATサロン恵比寿
中原啓吾

そのほかの症状でお悩みの方はこちら